【少人数・ソロ向け】キャンプで手間をなくして楽しむ方法

アウトドア料理
スポンサーリンク

 

今回は、手間を減らして、より手軽にキャンプを楽しむ方法について記事にしようと思います。

自分の経験上、手間を減らして楽しむ方法は、大人数のキャンプに比べて、少人数やソロキャンプでより有意義な気がします。

 

というのも、大人数だとみんなで役割を分担して話ながら作業をすると、結構サクサクと進みますし、皆で楽しんで作業をすることができるんですね。

ユウタ
ユウタ

大人数のキャンプは皆でワイワイやると楽しいし、意外と作業もサクサク進みます。

 

逆に人数が減ってくると、1人当たりの作業量が増えるので結構忙しくなりがちです。

少人数やソロキャンプが好きな人はワイワイ騒ぐのではなく、普段とは違う非日常の自然の空気の中でゆったり過ごしたり、1人の時間が欲しいのではないでしょうか。

 

 

そんな時に、作業量が多いとなかなかそういった時間を確保できないため、ストレスに繋がります。

今回は、そんな少人数、またはソロキャンパーがキャンプ場での時間をしっかりと確保するため、手間を減らす方法を紹介しようと思います。

 

キャンプで手間を減らすための方法

キャンプで手間を減らすための方法

 

それでは、キャンプで手間を減らすためのおススメの方法を4つ紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

食材のカット等は事前に準備し、手間のかかる料理は作らない

食材のカット等は事前に準備し、手間のかかる料理は作らない

 

皆でワイワイ楽しむなら良いですが、少人数やソロキャンプでの料理は手間が少なく、かつ平均して美味しい内容がおススメです。

 

食材は事前に自宅で用意、カットまで済ませ、食材ごとにジップロックなどに入れて準備をしておくことで、キャンプ場での手間と準備後片付けの手間を大幅に減らすことができます。

 

また、キャンプ場では主に焼き料理や煮込み料理をメインにすると簡単でかつ平均して美味しく仕上げることができます。 

 

カレーや豚汁、鍋物でも美味しいですし、ステーキなどの焼肉、焼き魚、焼き野菜も簡単かつ美味しく、時間もかからずに後片付けも簡単なのでおススメですよ!

 

 

荷物を減らし、テーブル、チェアはコンパクト、または持っていかない

荷物を減らし、テーブル、チェアはコンパクト、または持っていかない

 

手間のかからないキャンプで重要なのは、なるべく荷物を減らして、準備、移動、後片付けに時間をかけないことです。

 

そのため、可能な限りキャンプ道具の量を減らして、コンパクトにし、さらに重量の軽いものを集めて軽量化を心掛けましょう。 

余分なギアは持っていかず、さらに1つのギアで複数の用途に使えるものがおススメです。

 

さらに、最近はロースタイルのキャンプも流行っているので、テーブル、チェアを持っていかないスタイルも流行りつつあります。

コンパクトチェア、ローテーブルを使ったり、地面にレジャーシートを敷いてその上に直座りのキャンプスタイルも良いですね。

 

 

キャンプ用品はBOXにまとめて保管し、搬入出する

キャンプ用品はBOXにまとめて保管し、搬入出する

  

荷物を準備する手間を無くすため、キャンプギアをまとめた「キャンプBOX」を作っておくのもおススメです。

 

自分もキャンプBOXを作って保管していますが、キャンプの行く時は前日に簡単に確認し、当日にそれを車やバイクに積み込みさえすればキャンプの準備をほぼ終わらせることができ、非常に便利です。

 

徒歩でキャンプ場へ向かう場合はBOXの中身をリュックサックに詰めればOKです。

 

さらに、キャンプBOXはキャンプ場で、テーブルやチェアとしても利用できるので、汎用性も抜群ですよ。

 

 

荷物が少なく、快適に過ごせる冬または秋キャンプを楽しむ

荷物が少なく、快適に過ごせる冬または秋キャンプを楽しむ

 

時期を指定してキャンプへ行けば、手軽にキャンプを楽しむことができます。

一般的には、気温の安定した春や秋のキャンプがおススメです。

 

キャンプは夏のイメージが強いですが、実際は夏は暑く、また蚊等の虫も発生するため、なかなかハードルの高い時期なのです。

さらに、キャンプ場ではなかなか温泉に入ることができないことも多いので、汗をかくと不快な気分となることも多くあります。

 

また、冬場はキャンプ好きな人にとっては焚火等が楽しく最高な時期ですが、一方で防寒等の準備が必要となるため荷物は多くなりがちで、夜寝る時は寒くて震える、ということも良くあります。

 

その反面、春や秋であれば気温も比較的安定しており、また、蚊などの虫の発生も少なく、荷物も少なく済むので、結果として快適なキャンプが楽しめやすくなります。

 

そのため、春や秋に限定してキャンプを楽しむのも手間や面倒を減らすことができておススメですよ!

 

 

【まとめ】手間と面倒をなくせば、よりキャンプが好きになる!

【まとめ】手間と面倒をなくせば、よりキャンプが好きになる!

 

今回は、少人数、ソロキャンプ向けの手間と面倒を減らしてキャンプを楽しむための方法を書かせていただきました。

 

キャンプの色々な作業をワイワイと皆でやるのも楽しいですが、ソロキャンパーの自分はキャンプ場で焚火を前にゆっくりと自分の時間を持ちたいのでなるべく手間を減らすようにしています。

 

好きな時間は焚火を前にゆっくりお酒を飲みながらラジコでラジオを聴きながら本を読んだり、スマホでネットをする時間です。

 

ユウタ
ユウタ

自分は焚火の前で何もしない(考えない)時間が好きなんです。

 

手間や面倒を減らせば、キャンプが楽しくなり、キャンプの思い出も良いものになって、次も早く生きたい気分になるというループになりますよ。

 

少人数やソロ以外の大人数のキャンプでも使える方法だと思いますので、皆さんも実践してキャンプを楽しんでください。

 

本日の記事は以上になります。最後まで読んでいただいてどうもありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました