キャンプ・BBQ後の消火方法・炭の処分方法を紹介

キャンプ・BBQ後の消火方法・炭の処分方法を紹介 アウトドア料理
キャンプ・BBQ後の消火方法・炭の処分方法を紹介
スポンサーリンク

こんにちは、アウトドア大好きブロガーのユウタ(@yu_taok1)です。

今回はキャンプ・BBQ後の消火方法・炭の処分方法を紹介しようと思います。

 

ユウタ
ユウタ

キャンプ中のきちんとした消火、炭の処分方法はとても重要ですよ!

 

キャンプやバーベキューでは必ず、火の消火、炭の処分があると思います。きちんとした方法で行わないと、火事や自然を破壊することに繋がってしまいます。

 

 

また、使った炭もきちんと再利用できるので、無駄なく活用する方法を覚えておくとより良いですね。

きちんとしたマナーで無駄なくキャンプを楽しみましょう。

 

アウトドア後にきちんと消火・炭の処分が必要な理由

  

アウトドアで火を使った後にきちんと消火しないと、火の粉が風に飛んで、乾燥した葉などに接触し、火事になってしまう危険性があるため、消火はきちんと適切に行わなければなりません。

 

仮に火が燃え移ってしまった場合は、キャンプ場自体が使えなくなる、個人で責任を負うということも起こりえます。

 

また、炭は自然の木材を燃やしたものですが、炭は炭素なため、木や木材と違い、自然の力では分解できません。

時間が経っても、自然の中で残り続けてしまい、環境破壊に繋がります。

 

そのため、キャンプやバーベキューなどで発生した炭は適当に捨てたり、土の中に埋めたりすることはせず、きちんとした方法で処分しなければなりません。

  

適切な消火方法

 

 

適切な炭の処分方法

おススメの火消壺5選

【まとめ】きちんと消火・炭を処分してアウトドアを楽しもう

コメント

タイトルとURLをコピーしました